忍者ブログ
2008年1月よりブログ開始♪ こんにちは。 当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 手芸や料理、日々のことを、気の向くままに綴っております。 どこかしら、何かしらにちょっとでも共感いただけたら嬉しいです(*´∇`*) お気軽にコメントしてくださいませ。
[178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日(1/24)の朝日新聞で、
食物アレルギー「食べて治す」は注意 治癒は半数以下
という記事がありました。

少しずつ広がっている(?)経口免疫療法。

対象の食物を症状が出ない微量を食べ続け、
量を増やしていき、食物アレルギーを治す、というものです。

息子も病院に通って、この療法を続けています。


記事によると、
治癒は1~5割に留まり、重い副作用が出る例も多い、
と厚生労働省の研究でわかり、
研究班は、「現時点で一般診療として推奨しない」とした、とのことです。


その他の関連記事→  



megane.gif






この療法をすることが正しいのか・・・
というのは私にはわかりませんが、
はじめる時にはものすごく、悩みました。
(我が家は続けていくつもりです。)

というのも、
(この記事を見て気づいたのですが)始める時の説明で、
成功例をすご~く強調された気がします。
(あくまで私の個人的な感想ですが)
それで、なんだかその説明の勢いに圧倒されたのを覚えています。

確かに、治療を始めます、という確認書類には、
副作用がでることがある、というのは書かれていましたが・・・う~ん。

最近の息子は、1/32個の卵を問題なく食べれていますが、
療法によるものなのか、
成長によってアレルギーがよくなってきているのか、
いまいち「?」なところもあります。



この療法を否定するつもりもありませんし、
かといって、人に始めるべき、というつもりもありませんが、
私が思うのは、
アレルギーがあるってことを周りの人はそのまま受け入れてほしいなぁ、
ということです。

そして、周りの人は、早く治るといいね、みたいなこともあんまり言わないでほしいかな~、私は。
そういう風に言われると、なんだか治すことに躍起になっちゃうんです。
治さなきゃ!って。


(世間話として)保育園ママと「○○ちゃんは、食べ物のアレルギーとかって大丈夫なんですか?」と話していて、
「うちはお蔭さまで健康なんで、何でも食べれるんですよ~。(←全く悪気とかない)」
と言われて、その夜枕をぬらしたこともあります。

アレルギー対応完備!と書かれた宿に事前連絡をしたにもかかわらず、
ハンバーグとエビフライを出されて悔しい思いをしたこともあります。
(先方はつなぎは大丈夫だと思ったらしい・・・オイオイてかんじですが。)

療法をはじめるか悩みまくっていたときに、
親がフラフラしてどうする、みたいなことを言われて、
ズーン・・・となったこともあります。



息子は、すごくアレルギーがひどいわけではないですが、
重いアレルギーをお持ちの方は、
食器類も別に、洗うのも別に、
としなければならない方だっていらっしゃいます。

そういうのを、
神経質だ、とかっていうのは、絶対やめてほしい!
アナフィラキシーを起こしたり、顔がはれ上がったり、
子供のそういう姿を一回でも見た親御さんはつらいと思うんです。

そう、アレルギーがある当人も頑張っているし、その周りも頑張っているんじゃないかと思うのであります。


何がいいたいか「?」ですけれども、
卵の経口免疫療法をはじめています、
というのを何度か書いていたので、
今回のニュースのことも書いたほうがいいかなと思い、書いてみました。

あと、このような療法があるから、
と自己流で行うのは、本当に危険です、
ということも関連記事の中にありましたので、
またまた念のため。。。


まとまりのない拙文、失礼いたしました。
偉そうなこと言っていたら、すみません。。。



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。以前ゆうさんのお宅でご一緒しました☆
アレルギーって本人も辛いですが、見ている親も本当に辛いですよね。
私の息子は食物ではなく動物にアレルギーを持っています。12歳になった今ではだいぶ軽くなりましたが、小さい頃はペット連れの方とエレベーターが一緒になっただけで顔がパンパンに腫れるほどでした。そんなときに「親のせい」とか「今の子は弱い」とか言われて何度泣いたことか・・・(←年配のご婦人に多いんですよね・・・)
もっと色んな子(&親)にやさしい世の中になって欲しいと願ってます。

あると 2012/01/27(Fri)16:52:29 編集
>あるとさんへ
あるとさん、こんにちは^^お久しぶりです。コメントをいただいて、嬉しいです。ありがとうございます!

あるとさんの息子さんは、動物アレルギーがあるのですね。食べ物とはまた違う大変さがあると思います。ペットブームで、動物を飼う方も増えている中で、息子さんとあるとさんご自身が悲しかったり、悔しかったりすることもありますよね。顔が腫れる、我が家の息子も卵を食べたときに、同じようになりました。母親としても、びっくりしますし、ショックもありました。

色んな子(&親←ここも重要だと思います!)にやさしい世の中になってほしい、
本当に、その通りですよね。親のせい、弱い、そういう話ではないのに・・・

世の中が、アレルギーにただ寄り添ってくれることを願うばかりです。
鈴タツスイミー 2012/01/28(Sat)16:48:47 編集
う~~~む…
『治ったと言える患者は1~5割程度にとどまり、重い副作用を経験する例も多い』ってこんな風にハッキリ書かれるとちょっと二の足踏みたくなる気分になっちゃうケド…↓↓↓
でもウチも基本チャレンジの方向で行くつもり=3

そしてやっぱりアレルギーって自分なり子供なりカナリ近しい人が体験したことないとホントに何のことやら分からないモンなんだよネ~残念ながら。。
ウチも4月から入園だし新しいお友達だらけになるから気合入れてアピールしまくる予定=3=3
周りの理解が何しろ超キーポイント☆

あとはアレっ子&ママ達が安心して外食楽しめるようにもっともっとメニューのアレルゲン表示とか積極的に取組んでくれるお店(企業)が増えることを切に願うッ!!!欲を言えば義務化してもらいたい位w
そして…みんな(アレっ子および関係者)が今それぞれ頑張ってるのがこれからの世の中の理解に繋がるって信じて発信していけたらいーね~

なんだか纏りなくて失礼m(_ _)m
ぴちょんくん 2012/01/29(Sun)01:29:44 編集
>ぴちょんくんさんへ
ぴちょんくんさん、こんにちは♪コメントありがとうございます。

そうなんです、ちょっと衝撃的なニュースでした。まだまだはじまったばかりの療法なので、今後も動向に注目したいと思います我が家は、量をちょっとずつ増やしていっても、最近は問題なく食べれるようになってきたので、このまま続けていくつもりです^^

本当に、周りの理解と、アレルギー対応をしてくれるお店が増えることを、切に願います!!ウチは、外食というと(好きだからというのもありますが)うどんばっかり食べている感じです。。。もっと、本人も、ママも外食を楽しみたいですよね!

世の中の理解の輪が広がるよう、何かできるといいなぁって思います。

Kクン、幼稚園がはじまるんですね!集団生活で、アレっ子ならではの心配もあると思いますが、周りの方が理解してくださることを、祈っております~!アピール、応援してます
鈴タツスイミー 2012/01/29(Sun)17:04:44 編集
無題
鈴タツさん、こんばんは。
この経口免疫療法について、TVの特集で観たことがあります。そのお子さんは入院されて治療されていましたが、お子さんは勿論、お母さんの努力はすごいな、と思っていました。

鈴タツさんの今の努力と愛情はきっと息子さんにビシビシと伝わっているはず。私も応援しています♪

そして、周りに同じような方がいたら温かく見守りたいと思いました。
uzum 2012/02/11(Sat)00:56:12 編集
>uzumさんへ
uzumさん、こんばんは^^コメントありがとうございます。

私も、たぶん同じ番組かな?と思うものを見ていました。入院で治療されていたのは、大きなお子さんだったので、卵で辛い症状がでることがわかっていて、そのことも大変だなと思って見ていました。

温かく見守る、嬉しいお言葉をありがとうございます^^とっても勇気をいただきました!
私はいい加減なところがいっぱいなのですが、息子が美味しそうに卵を食べてくれるので頑張れてます!
鈴タツスイミー 2012/02/12(Sun)00:57:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
鈴タツスイミー
性別:
女性
職業:
事務職
趣味:
料理、刺繍、小物作り
自己紹介:
2006年6月に結婚して、夫と二人で自由気ままに暮らしておりました。
2009年5月、息子が産まれました。元気に逞しく、面白く、育てたいな・・・と思います。
お料理やハンドメイドが好きなので、亀のような進みですが、自分の作ったものも少しずつ紹介しております。
最新コメント
[05/08 鈴タツスイミー]
[05/06 レイチカ]
[05/05 レイチカ]
[05/03 鈴タツスイミー]
[05/02 レイチカ]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん